野菜を50℃のお湯につけるとシャキッとするだけではなかった

 

aisatsufukidashi


あなたは、『50℃洗い』ってやったことありますか?

masakoは何年か前にこれを知ってから必ずやるようにしています。

 

50℃洗いでシャッキリ野菜になる不思議

これを知ったときはまさに衝撃でした。

何年か前ですが、「やじうまテレビ!」とかいうテレビの情報番組で、
レタスがお湯につけたらシャキッとして美味しくなったというのを放送していて、

さっそく試しました。

ちょっとシナッとしていたレタスも、
シャキシャキになって美味しく変身したのには感動しました。

 

私は、サラダにベビーリーフと水菜をいれることが多いですが、
どちらで試してみても、しんなりしていたのがウソのように、シャキッと美味しくなります。

 

でも、イメージでは、
野菜って、冷水につけてシャキッとさせるというのが
普通よく知られている方法じゃないのかな?って思ってましたよね。

 

 

野菜の細胞から水分が減って、しなびてしまった時は、
野菜の表面にある気孔が閉じられているのですが、

この時に50℃という高めの温度でショックを与えることによって、
気孔が開いて水分が戻るんだそうです。

水の分子は温度が高いと動きが活発ですからね。

 

そういえば、確かに、しおれた野菜は冷水に浸けても
シャキシャキにはならなかったですねぇ。

 

こんな簡単な方法で、野菜を美味しく食べられるのなら、
やってみないと損ですね。

 

見た目だけじゃないスゴイ効果があった

 

シャキッとするメカニズムは、

野菜の細胞と細胞の間にあるカルシウムイオンとペクチンが
この50℃あたりの温度帯で結びついて、細胞同士の結合がしっかりするから、

ということと、

ヒートショックプロテイン(HSP)というものが増えるのも
理由のひとつだそうです。

 

え?ヒートショックなんたら、って、
なんか聞いたことあるぅ~ ♪と思って、ようやく思い出したら、
それはこのサイト・・・

化粧品の◯モホルンリンクルの再◯館製薬所さん。

しおれたレタスを50度のお湯にしばらく浸けていると、
シャキッとよみがえってくることをご存知ですか?
これと似た現象が、お肌にもあります。
それは、「熱ショックタンパク質
(ヒート ショック プロテイン/HSP)」です。
自らの力で私たちのお肌を守ってくれるタンパク質であることから、
私たち再春館製薬所では「自己回復タンパク」とも呼んでいます。

(出典:再春館製薬所のサイト)

なんでも、HSPというのは、
熱とかによってストレスを与えられたら増えるタンパク質で、
傷ついたタンパク質を修復するらしいです。

 

こういうことがどんどん発見されていって、
不都合なことを少なからず解決してくれているわけですね。

すごいですねぇ。
◯モホルンリンクルの話は、まぁ、お肌の話ではありますが。

 

ここまででシャキッとするメカニズムは分かったような気がするけど、
野菜を50℃のお湯に浸したとき、
それ以外に良いところはないのか、調べてみると・・・。

  • 雑菌を減らすことが出来る
  • 鮮度長持ち
  • ビタミンCは損なわれない

など、いろいろ分りました。

何より、
野菜は50℃のお湯に少し浸けてから調理する、という
とっても簡単な方法で美味しくなるところがいいですね。

 

もし30分も漬けたらどうなるか

 

野菜は50℃洗いによって 5 分くらいお湯に浸けるだけで、
汚れが落ち、野菜の表面の雑菌を減少させることができたり、

シャキッとして食感がよくなったりすることが分かりましたが、

 

調べるうちに、

お湯の温度をそのまま維持しながら 5 分~30 分も漬けておくと、
なんと、なんと、旨味成分が増えちゃったりするということが
書かれているのを見つけました。

 

私は、これをしてしまうと栄養が抜けるんじゃないか、と思っていたので、
5分以内にお湯から出そうと気をつけていました。

 

でも、なんと、根菜や果物は、
50℃のお湯に長く漬けておくことによって、
酵素が働いて甘みも増えて、美味しくなっちゃうそうです。

 

masakoは、手元にたまたまあったデコポンを、
試しに50℃のお湯に30分漬けておいてみました。
さて、甘味は増すのか!?

 

実際、結果としては、めっちゃくちゃ甘かったんですけどね。

でもでも大失敗(><)

 

???

 

アホやんか、私。

デコポンは最初から甘いものを使ってしまったので、
50℃のお湯に漬けたから甘くなったかどうか判らなかったんですよ。
(大ボケ)

 

まだあと一歩完熟してないちょい堅い果物とか、
手に入ったらやってみようと思ってます。

 

 

これ、実験してみた方がいたら、
ぜひコメントくださいね。

 

今回の記事の内容はほぼこちらに出ています。
言葉とかちょっと難しいけど、
詳しく読みたいかたはどうぞ。

ここ⇒ http://www.steaming-cook.com/image/50C5D9_A1CABEE5A1CB.pdf

 

《まとめ》

★野菜は50℃のお湯に5分くらい浸けておくと、
シャキシャキになり、おいしくなる。

★汚れが落ちて、保存期間も延びる。

★それは、ヒートショックによって、
気孔が開いて水分が戻るから。

★50℃洗いでビタミンは損なわれない。

★もしかしたら30分以上漬けておくのも有りで、
その効果は甘さアップらしい。

 

 

line

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

疑問が浮かんだら、遠慮なくmasakoまでお問い合わせくださいね(^0^)


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。