糖質制限でダイエット成功

 

aisatsufukidashi

masakoがここ10年くらいの間、自分の身体でダイエットの実験をしてみて、
成功したと感じたものの一つが、今日お話する

「糖質制限」のダイエットなんです。

 

糖質制限は良いの?悪いの?

糖質を制限するようになって、強く感じたことは、

糖質は摂らなきゃいけないけれど、
摂り過ぎには注意が必要だってことです。

(反対に、糖質を制限し過ぎると危険です。)

そんなの当たり前だ、とあなたは思うかもしれませんが、
ここでいう「摂り過ぎ」っていうのは、
やまほど食べていることを言ってはいません。

一般的にごく普通だとおもっている量が、
すでに摂り過ぎだということです。

 

masakoは、以前は、無類のパン好きで、
美味しいパン屋さんがあると聞けば、
電車で出かけていくほどでした。

実は、今もそれは変わらないのですが、
その時とは気持ちが全然違いますし、

食べる量はめちゃくちゃ減りました。

 

もちろんパンをまったく食べないようになったのではなく、

言うなれば、

今は、masakoにとっては美味しいパンを食べることは、
なにかの「ご褒美」です。

 

炭水化物っていうのは、
食事として摂る量は1日に50gで足りているそうです。

これって、片手に乗っかるほどの量ですから、
パスタ100gとか、食べすぎです、ってことになります。

 

そして、炭水化物はクセになる、とも感じています。
食べた時の満足感から、もっと、と望んでしまうんですね。

 

今お伝えしたいことというのは、
ただ単に痩せたいから炭水化物を減らす、
ということではなく、

masakoは自分の体調が示していることに、
真剣に目を向けて、
本当に身体が求めている食べ方を考えた時、

炭水化物を減らそうと自然に思ったんです。

 

甘いものだけではなく、主食であるご飯やパンを
思い切って減らしてみたら、

とても体調がよくなったので、嬉しくなって続けてきた、
という、それだけなんですが。

 

実際にやったことは、

朝食は、摂った後になるべく何時間かは空腹を感じないものを摂るようにしました。
ハテナですよね。これに関しては、後日詳しく書きたいと思います。
⇒ 書きました。こちらの記事です。

ダイエットになる朝食として、
こんなに簡単なら、献立を考えなくてもいいから、
ずぼらな私にはぴったりかもしれません。

 

それから、昼以降は、なるべく、1日のうちの何時間かの間に
「食べ始めて食べ終わる」ようにしました。

つまりダラダラ食べないようにしたんです。

14時に食べ始めたら、20時には食べ終わる、
というように。

遅めのランチと夕ごはん、というふうにするだけなんですけどね。

 

これをやると、
夕ごはんから次の日の食事まで、
と~っても長く時間があくので、
胃腸が休まり自然治癒力が高まります。

(それはなぜか、は、
このブログの「スムージーとコールドプレスジュースの違い」も読んでね)

 

これを実践していて感じたことは、
まず1日3食の、毎回主食がなくても、
まったく問題はなかったということです。

一番気をつけたことは、
栄養が偏らないようにしたことと、
サプリは2日に1度は飲むようにしたこと。
(私が飲んでいるサプリのご紹介は後日)

 

これで、
もちろん痩せましたし、

一番驚いたのは、
髪の毛がめちゃくちゃきれいになったことです。

美容師さんに、
「masakoさん、髪の毛ものすごく変わりましたね。
何かしましたか?」
「普通のパーマ剤で、まったく傷まないどころか、
天使の輪ができちゃってますもん!」

って驚かれました。美容師さん、何度も何度も言ってました ♪
masakoの髪をとっても褒めてくれました。

 

糖質制限&サプリというダイエットの実験の結果、
体調がよくなり、見た目にも変化があり、
人から、何をしてそうなったか、何度も聞かれるほどだったので、

やはり、炭水化物を減らすこと(&サプリ)は、
身体にとってよいことなのでは、とおもいました。

 

空腹感は甘いものの摂り過ぎが原因?

さきほど、炭水化物はクセになる、と書きましたが、

これは、調べてみると、
炭水化物を摂ったあとに血糖値が急上昇して、

インスリンが分泌しすぎてしまい、
大量のインスリンは血糖値を急降下させるので、
私たちはこれを「お腹がすいた」と感じるというわけです。

 

なんだか、身に覚えがありますね。
ちょっとだけ甘いおやつを口にしたら、
もっと食べたくなったということ、ありますよね?

この時、そんなことが体内でおこっていたんですね。

 

長いスパンで見ると、
昨夜の飲み会でビールをたらふく飲んで、
そのあとラーメンまで食べたのに、

次の日の朝、「あれ、お腹すいたー」って感じる、
これも同じ現象ってことですね。

 

私達は、お腹がすいたーって思うことがストレスなのであって、
もしそれが少し緩和できたら、

それだけで少しストレスが減ります。

 

ということは、
わざわざ必要以上に炭水化物を食べて、
そのあとの血糖値上昇によるインスリンの出過ぎを招いて、
すぐにまたおなかが減ったと思う、ってことをやめて、

炭水化物を減らして、
血糖値を安定させれば、

食欲を自らコントロールして、
空腹感によるストレスに悩まされずに、
ごきげんに過ごせるのではないでしょうか?

 

masakoは、とりあえず、炭水化物を減らすことにより、
ダイエットは成功しています。
サプリの力もかりましたが。

でも、ダイエットや健康生活のために、
まだまだ、良い方法はたくさんあるんです。
順次更新していきたいと思います。

 

 

line

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

疑問が浮かんだら、遠慮なくmasakoまでお問い合わせくださいね(^0^)


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。