IHI ステージアラウンド東京が来年3月オープン現在の様子

 

aisatsufukidashi

東京の江東区豊洲に来年オープンする、IHI ステージアラウンド東京。

観劇大好きな私は楽しみでなりません。

IHI ステージアラウンド東京というのは

東京都江東区の豊洲に、アジアでは初の360°シアター「IHI ステージアラウンド東京」が2017年3月オープンするそうです。

場所は、ゆりかもめの「市場前駅」北口から歩いてすぐのところです。

築地市場が今の場所から移転して、ここゆりかもめの市場前駅にやって来て、この劇場より早くオープンしますね。豊洲を含むこのあたりのエリアは、東京オリンピック・パラリンピックの競技施設・選手村の建設でも利用される場所です。

これから先、ゆりかもめ市場前駅の近辺は大きく様変わりすると思います。2018年夏には「千客万来」という商業施設もオープン予定です。

 

2016-07-01_20h47_28

IHIステージアラウンド東京がどのような劇場かというのをニュースサイトで読んで、素敵すぎてビックリしました。

なんと、座席が360°回転するので円形になっているそうです。

キャパは1300席ほどで、円形客席を中心にして、ステージや映像が展開するStageAround形式になっているのだそうですよ。

豊洲001

2017年3月から始まるこけら落し公演は、劇団☆新感線の『髑髏城の七人』という演目です。

花・鳥・風・月と4つのシーズンに分かれていて、最初は花で、3月30日~6月12日までのロングラン上演となります。(公演に関しては、別記事に詳しく書きたいと思います)

私は、さっそくチケット発売日をスケージュールにメモしました(^0^)

劇場までのアクセス予習で建設予定地に行ってみました

livewalkerに載っている詳細データによると、住所が豊洲6-4ですから、地図ではこのピンクで囲ってあるところになります。

2016-07-01_19h38_57

今回は有楽町線の豊洲駅からのアクセスをご紹介します。

①有楽町線豊洲駅の地上に出たところです。toyosu001

②このエスカレーターを上がっていきながら右手を見ると「江東区豊洲シビックセンター」があります。長めの良い9Fの図書館はとてもオススメです。
toyosu003

③ゆりかもめ豊洲駅の改札口
toyosu004

④ホームです。この駅が終点で折り返しますから、行き先は迷わなくても心配ありません。
toyosu005

⑤電車の中です。降りる駅は「市場前」です。
toyosu006

⑥降りたホームです。
toyosu007

⑦ホームから劇場とは反対の方を見ると、建設中の豊洲市場が。
toyosu008

⑧駅の北口から歩きます。
toyosu010

⑨たぶん、ここらへんでしょう♪
toyosu012

↑↑↑
この手前にはこんな建物があり、目印になります。駅からも豊洲市場と反対側にこの建物は見えます。
toyosu013

TBSがネーミングの権利とシステム使用独占権を獲得

この劇場はアジア初ですが、オランダのアムステルダム郊外にもあります。世界で2番めが日本、3番目は同じく2017年にオープン予定のロンドンです。

日本ではTBSがシステムの使用独占権を獲得しています。TBSは今回、ネーミングの権利も得ていて、「IHIステージアラウンド東京」と名づけました。

「IHI」というのは、1939年(昭和14年)に造船所を豊洲に設立してからずっと、豊洲とともに歩んできた会社です。豊洲と言えばIHIということで、劇場特別協賛となっていますね。

来年の話だ~と思っていてもきっとすぐにオープンの日はやってきます。なんてったって、今年ももう半分が終わったのだから!(@@;)

IHIステージアラウンド東京facebook twitter

 

 

matome

豊洲は大きく様変わり。IHIステージアラウンド東京のオープンは観劇が大好きな私には待ち遠しくてなりません。
dots

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。