ローマンカモミールとジャーマンカモミールの違い

 

aisatsufukidashi

今がちょうどお花が満開のカモミール、

ローマンカモミールとジャーマンカモミールの違いをご紹介したいと思います。

 

キク科のハーブ カモミール

カモミールティーは鎮静のお茶としても出回っていますね。

私も大好きなハーブティーの一つです。

そんなカモミールですが、
ローマン種とジャーマン種は、見た目はほとんど違いが分かりません。同じキク科ですから、姿かたちはよく似ているんですね。

でも実は、
ローマンカモミールは全草が香る、多年草で、ジャーマンカモミールよりもすこしだけ大きいです。

ジャーマンカモミールの方は花だけが香る一年草です。

私が先日山梨で撮ってきた写真を御覧ください。

《ローマンカモミール》

camomile003 camomile002

《ジャーマンカモミール》

camomile004 2016-05-30_18h11_24

ごらんになって、お分かりなったかもしれませんね。
そうです、ジャーマンカモミールの方は、花の中心が盛り上がっていますね。

開花の時期も、ジャーマンカモミールの方がすこし早いのですが、
私はこの間、
ローマン種を標高が低いところで、
ジャーマン種を標高の高いところで見たので、どちらもちょうど開花していました。

ローマン種とジャーマン種の使用方法の違い

ジャーマンカモミールは、ハーブティーとして利用されることが多いです。

お茶にすると味が美味しいからです。

そして、お花から精油を採ると、その色は鮮やかな青で、香りはとっても濃厚です。

青い色はカマズレンという成分が含まれるからで、それには鎮静作用があります。私も、お肌が痒い時などに、ジェルで希釈して塗布したりして使っています。

一方、ローマンカモミールの方は、香りを表現するのに「青りんごの香り」というふうに言われています。たしかに、言われてみれば~っていう感じです。

この香りを嗅いでいると落ち着くというのも良く聞きます。

ローマン種とジャーマン種では、精油の色を見てもわかるように、含まれる成分が随分違いますが、どちらも皮膚に痒みがあるときには使えます。

作用の体感としては、ジャーマンの方が強力だと感じます。

matome
同じに見えて、実はちょっとした違いがあったりするハーブもあるんですね。
カモミールティーとして利用するだけでも、充分に癒やされますが、お肌にもとても良いので、機会があればぜひお試しください。

dots

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を読んで何か聞きたくなったら、遠慮なくmasakoにメールしてくださいね(^0^)


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。