精油オレンジ・スイートの使い方とその効果

 

aisatsufukidashi
あなたもご存知の、なじみのある香り、
そう、柑橘系の香り、

オレンジ・スイートについて見ていきましょう♪

この香りを嫌いだという方に、私は今まで出会ったことがありません。

そんな、みんなが好きなオレンジの香り成分には、どんな効果があるのでしょうか。

 

オレンジ・スイートについて

私が使用している精油は、ほとんどがプラナロムというブランドのもので、
オレンジ・スイートは、イタリア、ブラジル、モロッコで採れるオレンジの果皮を圧搾して採油しています。

オレンジにもいろいろ種類がありますが、この精油の場合、いわゆる普段食べているオレンジです。

オレンジ・ビターというのは別のもので、こちらは日本のお正月に飾る「ダイダイ」に近い種類です。

 

オレンジの香りはリラックス&リフレッシュの両方

私は、お客様が来るとわかっている日は、玄関にこの香りを使うことが多いです。万人受けするというのか、必ず「あら、良い香り」と言っていただけます。

甘くて清々しい、スッキリとした香りは、アロマに慣れていない男性にも人気のある香りです。

オレンジ・スイートの使用方法

芳香成分は、d-リモネンがほとんどで、この成分の作用の一つには血圧を下げるというのがありますから、リラックスに通じるのでしょう。

その他には、この精油の作用として、

  • 空気清浄
  • 鎮痛
  • 誘眠
  • 健胃
  • 駆風

などがありますが、実際にどんな使用目的が多いかというと、

  • アロマバス
  • 玄関の香り
  • リビングの香り
  • トイレの香り
  • バスルームの香り
  • 手作り石鹸に入れる
  • メイクのクレンジングオイルに入れる

という感じです。

どこにでもシュッとひと噴きできますから、ルームスプレーをひとつ作っておくと何かと便利です。

オレンジ・スイートと相性の良い精油

オレンジ・スイートは揮発しやすい香りですから、長い時間香りが残りません。(トップノートとミドルノートの間くらいの感覚です)

他の精油と混ぜることで、調和の採れた上品な香りを少しだけ長持ちさせることができます。

どんな精油と相性がよいかというと、

  • 他の柑橘系
  • クラリセージ
  • フランキンセンス
  • ネロリ
  • ラベンダー
  • スパイス系
  • ミルラ

などがありますが、

私がおすすめするのは、ずばりラベンダーです。
ラベンダーとオレンジのブレンドは、その割合をいろいろと変えるだけで、
幾通りも楽しめます。

この2本があれば、本当にいろんな場面で活躍しますよ!

 

オレンジ・スイートを使用したルームスプレーの作り方

《材料》

  • 精油:オレンジ・スイートとラベンダー・アングスティフォリア
  • 50mlのスプレー容器
  • 無水エタノール
エタノールは無水でもそうでなくても出来ますので、手に入りやすい方で大丈夫です。

 

《つくりかた》  

  1. 50mlのスプレー容器に無水エタノールを10mlほど入れます。
  2. そこへ精油を合計20滴ほど入れます。
  3. よく振って精油がある程度エタノールに溶けたら、水道水を容器の肩まで入れます。
  4. 使用するたびによく振って噴霧します。

 

オレンジ・スイートとラベンダー・アングスティフォリアの割合はお好みで!初めてでしたら、まずは半々でやってみるというのはいかがでしょう。
手作りのものは、市販のものと違って、防腐剤が入っていないので、
およそ一月以内に使いきるのが理想です。

私の好みでは、ラベンダーと合わせる以外では、サイプレスとのブレンドもおすすめです。

matome
オレンジ・スイートは、リラックス目的でもリフレッシュ目的にも使えます。光毒性もないので、安心して使える精油の一つです。

dots

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

記事を読んで何か聞きたくなったら、遠慮なくmasakoにメールしてくださいね(^0^)


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。