アロマで風邪予防スプレー

 

aisatsufukidashi

精油の抗ウイルス作用って?

私は、アロマテラピーのインストラクターですので、
精油を使った風邪予防は日常やっています。

そのお陰だと思っていますが、
実は10年以上も風邪を引いていません。

 

アロマテラピーというのは「精油」を使った健康法です。
一つ一つの精油は、香りの成分が多数混ざって存在しています。

それら香りの成分の中には、抗ウイルス作用のものがあって、
その成分が自分の近くを漂っていると、自然に風邪を予防してくれます。

 

抗ウイルス作用のある精油には、

  • ユーカリ・ラディアタ
  • ローズマリー・シネオール
  • ラヴィンツァラ

などなど、たくさんありますが、
私は主にこの3種類を使用しています。

 

※そもそも精油って何?という方はこちらをご覧ください ♪

 

抗ウイルス作用のある精油の使い方





アロマで風邪予防をしたいとき、
抗ウイルス作用がある精油を使うところまでは分かったところで、
次はどのようにそれを利用するのかですが、

その利用方法には、

  • スプレーを作っておいてマスクに1プッシュする
  • ティッシュにポトンと1滴、自分の近くに置いておく
  • ルームスプレーとして、気がついた時に部屋にシュッとする
  • ディヒューザーで霧状にして部屋に拡散させる
  • アロマストーン(または木片)に何滴か染み込ませて近くに置く

などいろいろあります。

 

スプレーは、100均で買った容器にアルコールと精油と水を入れて、
よく振って出来上がり。

すぐに簡単に作ることができて、バッチリ風邪予防できますよ。

その詳しい分量などは下に書いています。

 

ティッシュ又はマスクに1滴ポトンに関しては、
1種類の精油で作ったスプレーでやってもいいですし、
私のように3種類をあらかじめ混ぜておいたブレンド精油を使うのもよいです。

香りは混ざると深みがでますし、相乗効果もあるようです。
ぜひお試しください。

 

ルームスプレーは、気分転換にも使えて便利です。
外出時にマスクにスプレーしてもよいですよ。
私は大きめのスプレー容器は家に置いておき、
小さめの容器はバッグに入れて持ち歩きます。

 

電車のつり革が気になると良く聞きますが、
抗ウイルス作用を利用して、
ティッシュにスプレーしたものでつり革を拭くとよいですよ。

抗ウイルス抗菌のどちらも期待できる精油もたくさんあります。
後日、自分で作る「手ピカジェル」について書くので、
そのときに詳しく説明したいと思います。

 

ディヒューザーというのは、要は拡散器のことです。
水と精油を入れて使い、霧状になって出ます。
(これは私のうちのディフューザーです。on offがリモコンで気に入ってます^^)

IMG_3937
ディフューザーを楽天で見てみる

 

アロマストーンを使うと、とても手軽にアロマテラピーを楽しむことができます。
(アロマストーンは缶入りも便利です)

013

風邪予防スプレーの作り方

材料を1度に揃えるのは大変と思われるかもしれませんが、
逆に、1度揃ってしまえば、精油1本に200滴入っているので、
長期間に渡り使用できますから便利ですヨ。

《材料》※私の購入先もリンクさせておきますのでご参考まで

ユーカリ・ラディアタ

ローズマリー・シネオール

ラヴィンツァラ

無水エタノール

スプレー容器(100均でも購入できると思います)

・水道水

 

《分量》

100mlスプレー容器で作るときは、

精油      ・・・合計20滴
無水エタノール ・・・5ml
水道水     ・・・95ml

 

《作り方》 ※1から順番に入れます

  1. 無水エタノールを容器に入れる。
  2. 精油を入れて軽く振る。
  3. 水道水を入れる。

毎回よく振ってから噴霧します。(精油は完全に溶けないので)

 

line

今日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

疑問が浮かんだら、遠慮なくmasakoまでお問い合わせくださいね(^0^)


いつも、このブログの応援をありがとうございます!
クリックすると他の健康ブログがたくさん見られます(^0^)

Sponsored Link

ABOUTこのブログをかいている人

アロマテラピーインストラクターをしています。 だからきっとアロマ関連の記事が多くなると思いますが、 ダイエットやその他の健康情報、そして日々の気づきなど、いろんなことを書いていきます。 あなたのお役に立つ記事があれば嬉しいです。