アロマで認知症予防

このコンテンツをご覧頂きありがとうございます。

まず、「認知症」に関して、このサイトの管理人masakoの考えをお伝えします。

そういう名前で呼ばれるようになった時から、”病気”として扱われるようになったけれど、
「ボケ」というのは昔からあったし、現在とその状態はそんなに違わない気がしています。
その呼び方に違和感を覚える管理人であることを、ちょっとお伝えしておきます(^0^)

 

さて、ここでは、アロマテラピーによって、その使用前と使用後では記憶や判断力に支障があった方の症状に対して改善が見られた件について、

私が知っていることを書いていきたいと思います。

 

鳥取大学の浦上克哉教授による、アロマテラピーの認知症予防の効果についてのお話が話題になり、
市場から一度4種類の精油とアロマペンダントが姿を消しました。

どこのお店へ問合せても売り切れでした。

テレビの力ってスゴイですね。NHKと、北野武さんの「みんなの家庭の医学」という番組で「脳の若返り」を取り上げた日以降、この話題については本当によく聞かれました。

 

浦上教授のお話で、アルツハイマー型認知症の予防に有効な精油が紹介され、
その使用方法は時間帯によって嗅ぐ精油の種類を分けることでした。

対象者は、医療機関で認知症の治療を受けなければならないレベルに達している場合を除く、

  • 軽度認知機能障害 (認知症へ移行する可能性大)
  • 認知症予備軍
  • 認知症に不安を抱える健常者

ということです。

治療が必要であるかどうかを調べるには、何種類かの検査が必要で、専門医でなければできないことです。

 

浦上教授は、アロマテラピーの利点について、
比較的副作用の少ない方法である ことや、 誰にでも簡単にでき様々な使用法 ができるところだと述べています。

今は、このアロマテラピーの方法が、介護施設で導入されていたり、医療現場でも使われています。
【使用診療科】 神経科・心療内科 ・ 産科・婦人科・助産院 ・ 小児科 ・ 歯科
【使用目的】 メンタルケア ・ ストレスケア ・ ベビーマッサージ タ ケア ・ リラックス
【使用方法】 吸入・マッサージ・足浴 ほか

どの使用方法においても、オーガニックの精油を使うこととし、
その理由を化学合成のものでは肝臓に負担がかかるからとしています。

 

さて、その精油と使用する時間帯とは・・・、

heartsmall 9:00~11:00    レモン&ロ ーズマリ ー 

集中力を高め、記憶力を強化する刺激作用 (交感神経を刺激 )

heartsmall19:30~21:30  スイートオレンジ&ラベンダー

心や身体をリラックスさせる鎮静作用 (副交感神経を刺激 )

 

これに対応した商品も大学によって開発されました。
(以下、浦上教授のレポートから引用した画像をいくつか載せます。)

hyperbrain001 hyperbrain002 hyperbrain003

そして、新聞に興味深い記事が載っていたそうです。
(文章が読みづらいと思いますので、こちらに書き写したものをご用意します
hyperbrain004

大学の開発商品はこちらのお店で購入できます。
大学の研究をもとに開発されたアロマオイルをはじめ、アロマ製品各種を取り扱うハイパーブレインショップ

 

実は、私の母には以前から必要以上に心配性なところがあったり、

さっきと言っていることが違うな~、と感じたりしていたので、
ボケた?と思っていました。

現在は、ネットやテレビ、そして雑誌など、ありとあらゆる情報が入り乱れていますから、
私も、どんな方法が母のこれ以上のボケ防止に有効かなんて判らず諦めていましたが、

せめて、医療関係の教育研究機関として、科学的証拠 、医学的根拠に基いたものであるならば、
この情報は信じてやってみようと思ったのです。

幸い、私はアロマテラピーに関しては、まったくの素人では無いので、少しばかりの助言もできます。

私の両親も喜んで実験に応じてくれました。

実験期間は半年間でしたが、2~3週間で、私が見ても母の様子は変わりました。
電話で同じことばかり言っていたのに、最近では本を読んでその要約をたくさん便箋に書いてファックスしてきます。(少し長い文章で一度に何枚もあり、読むのが大変です)

父は、もともと私よりハッキリした頭でしたから、この実験結果はわかりませんが、
別の精油での別の案件ではやってみてくれました。
(これは、後日別の記事かなにかで触れさせていただきます)

うちの場合は、精油をアロマストーンに垂らして、テーブルに置くというもので、
アロマストーンは朝用と夜用に分けて2つ用意しました。

香りを嗅ぐということが脳を刺激することは知っていましたが、今回のことで、
使用時間帯と精油のブレンドの性質によって、脳が活性化して老化を遅らせることがわかりました。

 

あなたにとって、少しでも参考になったら嬉しいです。
もしも、利用出来そうでしたら、やってみられると良いと思います。

精油さえ手元にあれば、むずかしいことは何も無いです。